グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療科紹介 >  腫瘍内科

腫瘍内科



腫瘍内科とは

2005年4月1日に化学療法科(現腫瘍内科)が新設されました。
これは抗癌剤治療に対し県民の皆様がいかに期待しているかを反映しているものと心の引き締まる思いです。
今日の抗癌剤治療は、分子標的薬など多くの新薬が開発されているものの、残念ながらほとんどの進行がんに対して治癒を期待できない現状です。 でも、たとえ治癒が得られずとも治療により病気の進行を一時的に抑えたり、種々の症状を緩和することはできるのです。
我々は患者さん・ご家族にまず病気の状態、および抗癌剤治療の効果・副作用などについて今までの医学で得られている事実に基づき、十分に説明することを心掛けております。 そして患者さんに少しでも良い時を持っていただけるよう治療しようと考えております。
また、患者さんの外来抗がん剤治療への要望に応えるべく、出来るだけ安心して外来で優れた抗癌剤治療を受けて頂けるよう、外来化学療法センター開設を開設しました。
疼痛管理・精神的ケアに関しては緩和ケアチームと連携し、また緩和ケア病棟・在宅看護などできるだけ患者さんの要望に応えるべく活動しております。

もうひとつ腫瘍内科には重要な任務がございます。
現在の抗がん剤治療では治癒を期待出来ないという現状を打破するために、種々の臨床試験(新しい抗癌剤投与法の開発・新規薬剤の試み)が全国的に行われております。
我々も患者さんに不利益がないと思われる範囲で、また患者さんの同意が得られる場合に限りそのような研究に参加し、医学の進歩に寄与したいと考えております。

対象疾患

消化管悪性腫瘍・原発不明腫瘍など主に進行して手術が出来ない方や再発された方を治療させていただいております。また乳がんに関しては術前化学療法も行っております。

治療法

抗癌剤は内服薬・点滴薬などがあります。点滴方法は急速に血管内に注入するもの、またゆっくりと何日もかけて注入するものなど、薬剤により様々な投与法があります。
外来で治療する場合には点滴用の埋め込みポートを用いて行う場合もあります。
副作用の予防を目的とした支持療法も非常に進歩しており、安心して治療を受けていただけるよう心掛けております。

医師紹介

名前 職名 専門医等
村川 康子 診療科長 日本内科学会 認定内科医
日本血液学会 血液専門医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医・暫定教育医
酒寄 真人 医療部長 日本内科学会 認定内科医
大塚 和令 医療部長 日本内科学会 総合内科専門医・認定医・指導医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医