グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療科紹介 >  血液内科

血液内科


ページ内目次


概要

当科は県南地区唯一の血液疾患治療施設として白血病, 悪性リンパ腫等の悪性腫瘍のみではなく, 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)や, 再生不良性貧血等, ひろく血液疾患の診断, 治療を行っております。先天性凝固因子欠乏症等の当院では診断が難しい疾患は, 東北大学血液免疫科関連病院と連携をとりながら診断, 治療をおこなっております。

入院

入院は6階血液内科病棟50床を佐々木, 原崎, 鎌田の3人で担当しております。血液内科病棟は, 6床のクリーンルームと8床のセミクリーンルームを備え, 患者さんの病状に合わせて適切な療養環境を提供しています。
2017年度の入院患者数は253名, 総入院回数は673回でした。当科は, 臨床試験グループのJALSG(日本成人白血病研究グループ), JSCT(日本細胞移植研究会)等臨床試験グループに参加し, 臨床試験にも積極的に参加しております。進歩の著しい血液内科分野において, 新薬や抗体治療も積極的にとりいれて, 先進的な治療を行っております。その一方で血液疾患はご高齢の患者さんも多く, 患者さんお一人お一人に合わせた治療を検討する必要も増えております。患者様の全身状態にあわせた治療, 低用量化学療法も行っております。
2017年度の造血幹細胞移植は同種造血幹細胞移植が7例, 自家末梢血幹細胞移植が15例でした。また, 当院は日本骨髄バンク, 日本臍帯血バンクの療法の認定をうけており, 血縁, 非血縁者間骨髄移植, 臍帯血移植も可能な施設となっております。

外来

外来は, 佐々木, 原崎, 鎌田, 小野寺, 市川で担当しております。2017年度の外来総数は7811名, 新患数は320名でした。新患は, 月曜日(原崎/鎌田), 火曜日(小野寺), 金曜日(市川)で受け付けておりますが, 緊急の場合には, 地域連携室を通してご連絡いただければ, 対応させていただきます。また, 血液内科外来受診が望ましいかどうか判断が難しい患者様についても, お電話でお問い合わせいただければ幸いです。

医師紹介

名前 職名 専門医等
佐々木 治 副院長 日本内科学会 認定医 他
原﨑 頼子 診療科長 日本血液学会 血液専門医
日本造血幹細胞移植学会 造血細胞移植認定医
日本内科学会 認定医・専門医
ICD
鎌田 真弓 主任医長 日本血液学会 血液専門医
日本内科学会 認定医・専門医
日本内科学会 認定産業医