グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  各部門案内 >  看護部 >  看護部の教育

看護部の教育


宮城県立病院機構 看護研修体系

キャリア開発の目的

がん医療を取り巻く情勢は大きく変化し、質の高い効率的な医療が求められています。
当センターも県内の都道府県がん診療連携拠点病院として果たす役割は大きく、高度ながん専門医療を提供し県民の医療ニーズに応えて行かなければなりません。
看護も高度化・専門化・複雑化し、患者が満足する看護を提供する必要があります。そのためにがん看護における専門性を発揮できるような看護教育プログラムを構築し、看護師個々の能力を開発するものです。
キャリア開発とは個々の看護職員が組織の目標を基に、自己の役割を遂行するために、組織の支援を受けながら臨床看護実践能力の向上を目指し主体的に取り組むことです。
看護実践能力、マネージメント能力、人間関係能力、教育研究能力の4つの領域としました。
それぞれの能力は下記の通りです。

1.看護実践能力:基本的な看護技術の提供から特殊、高度で専門的な知識と技術を実践する能力です。
2.マネージメント能力:組織の一員としての役割を認識し、組織目標達成のための責務を果たす能力です。
3.人間関係能力:患者及びその家族を尊重したコミュニケーション技術で人間関係を築きあげる能力です。
4.教育研究能力:専門職業人としての自己の知識・技術を高め、看護への科学的追求を行う能力です。

クリニカルラダーの目的

1.クリニカルラダーとは臨床看護実践能力を段階的にステップアップし、個々の成長への動機づけを行うため指標です。
2.キャリア開発クリニカルラダーのねらいは、臨床看護実践能力の指標を示すことにより、看護師個々が、自主的な成長への意欲とキャリア開発の動機付けができることです。
3.臨床実践能力の発達の基本的な考え方はパトリシア・ベナー著 達人ナースの卓越性とパワーの掲載されている「技能習得に関するドレイファスモデルの看護への適応」です。

看護実践能力(クリニカルラダー)システムについて

クリニカルラダー構造図

クリニカルラダー構造図の画像

クリニカルラダー別看護実践能力指標

クリニカルラダー別看護実践能力指標の画像

クリニカルラダー別看護研修体系

クリニカルラダー別看護研修体系の画像