グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  各部門案内 >  看護部 >  3階東病棟

3階東病棟


3階東病棟

3階東病棟は呼吸器内科、内科的な治療を受ける呼吸器外科患者さんが入院する50床の病棟です。抗がん剤治療、放射線治療の他に分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬を受ける患者さんや気管支鏡検査や肺生検など、確定診断のための検査を受ける患者さんが入院されます。

検査を受ける不安や検査に伴う苦痛を少しでも少なくできるように、丁寧な説明や声掛けなど行うよう努めています。また治療の特徴を理解し自宅でセルフケアできるように医師・薬剤師と協働して支援しています。

治療に伴う不快な症状の出現や肺がんによる再発・転移から身体機能の低下も生じる状況に対しても、チームメンバーの役割を活かして対応に努めています。病気を持ちながらも生活する1人1人に応じた症状緩和に努め、ご自宅での暮らしがよりよくあってほしいと考え丁寧なケアを提供しています。進歩している肺がん治療と個人の価値観をふまえ、どのように治療を受け生活していくかといった個人の意思決定支援は大事な看護だと考え、入院していらっしゃる患者・家族に向き合ってきたいと考えています。

3階東病棟のスタッフの写真

日勤スタッフです。看護師・医師・薬剤師・病棟クラークも一緒 全員でサポートしていきます

新人看護師と先輩看護師の写真

左側:新人看護師、右側:2年目 「2年目にできるサポート」をしています