グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  各部門案内 >  看護部 >  看護部長あいさつ

看護部長あいさつ


看護部長の写真

 当センターは、東北唯一のがん専門病院として高度先進医療の提供を行う中で、さらなるがん医療の充実を図り、がん患者ががんとよりよく共生するための支援に取り組んでいます。看護師の役割や期待は拡大していますが、がん看護に携わる専門職として自覚と責任を持ち看護を実践しています。

 がん治療の経過の中では、身体症状や治療による副作用症状、機能障害などそれぞれの段階で必要となるケアは異なります。また多くの不安を抱えている方も少なくありません。がん看護に大切なことは、患者さんにとって常に最善の治療が受けられる療養環境を提供すること。そして何より、患者さんがよりよく自分らしい生活を送ることができるように支援することです。
 患者さんの治療や療養は入院生活だけではありません。地域で暮らす生活者としての視点も持たなければなりません。患者さんにとって今何が必要なのかを考え、患者さんの持つ力を最大限に引き出すこと、一人ひとりの患者さんに寄り添い一緒にがんと向き合っていくことが大切であると考えています。
 当センターには、専門看護師や認定看護師など専門性の高いスキルを持つ看護師が沢山おり、看護外来と部署を横断的につなぎスペシャリストとジェネラリストが連携し看護支援を提供しています。

 看護部では、看護師ががん看護のジェネラリストに成長できるようキャリア開発ラダーで教育体制を整備し、段階を踏まえた成長をサポートしています。また、チーム医療の中で看護の役割をより発揮できる専門、認定看護師への育成も支援しています。看護部の理念「温かく信頼感のある質の高いがん看護の提供」を通し、やりがいのある職場づくりに取り組んでいます。
                                               

令和2年4月

看護部長 認定看護管理者 佐藤千賀