宮城県立がんセンター研究所外観 宮城県立がんセンター

宮城県立がんセンター > 宮城県立がんセンター研究所

研究所からのお知らせ

  •  

              

  • 2016.05.12 前門戸任 呼吸器内科・科長(東北大大学院・呼吸器科腫瘍学・教授)が、The Lancet Oncology 誌に肺がん治療に関する論評を発表しました。
  • 2016.05.06 大嶋龍司(がん先進治療開発研究部/現東北大学神経内科)が、神経変性疾患に関する新知見を発表しました。Sci Rep誌に掲載。
  • 2016.04.05 山口壹範 上席主任研究員(発がん制御研究部)が、成人T細胞性白血病に関する新知見を発表しました。Cancer Science誌 に掲載。
  • 2016.03.25 東北大学との共同研究で 三浦康科長(消化器外科)が、大腸癌に関する新知見を発表しました。Cancer Science誌に掲載。
  • 2016.02.18 田沼延公 主任研究員(がん薬物療法研究部)と、奈良女子大との共同研究「がん抑制遺伝子PP6の胎発生における役割」が、MECH DEVELOP誌に掲載されました。
  • 2016.01.20 島礼 研究所長が平成27年度高松宮妃癌研究基金研究助成金に採択されました。
  • 2015.12.14 玉井恵一 上席主任研究員(がん幹細胞研究部)が平成27年度膵臓病研究奨励賞を受賞しました。
  • 2015.12.7 任期付職員(研究職)募集のお知らせを掲載しております。
  • 2015.11.24 田沼延公 主任研究員(がん薬物療法研究部)が(財)武田科学振興財団 2015年度医学系研究奨励に採択されました。
  • 2015.7.27 大阪大学との共同研究で、田沼延公主任研究員(がん薬物療法研究部)が、「マイクロRNAによるスプライシング制御に関する新知見」を発表しました。PLOS ONE誌に掲載。
  • 2015.6.30 虻江誠主任医長(がん幹細胞学・消化器内科)が、第9回日本膵臓学会国際優秀演題賞を受賞しました。
  • 2015.6.17 加藤浩之 検査技師(がん薬物療法研究部/大学院がん分子制御)の「紫外線による発がんの遺伝体質」に関する博士論文がCancer Letters誌電子版に掲載されました。
  • 2015.04.17 高橋耕太(がん薬物療法研究部/大学院がん分子制御 現東北薬科大)の「大腸癌発生機構」に関する博士論文が、Int. J. Cancer誌に掲載されました。
  • 2015.04.10 大阪大学との共同研究で、田沼延公主任研究員(がん薬物療法研究部)が、ES細 胞制御に関する新知見を発表しました。Regenerative Therapy 誌に掲載。。
  • 2015.04.02 任期付職員(研究技師)募集のお知らせを掲載しております。
  • 2015.04.01 西野善一 前部長が、金沢医科大学医学部公衆衛生学 教授に就任されました。
  • 2015.03.27 山本晃司(がん薬物学療法研究部/大学院がん分子制御)が、がんシグナル「EGF/src」を制御する新たな機構を見出しました。PLOS ONE誌に掲載。
  • 2015.03.09 H27年日本生化学会東北支部例会・シンポジウム(5月9日)の参加・演題登録の募集を開始します。締切は3月31日です。(事務局:島研究所長) 
  • 2015.02.26 田沼延公 主任研究員(がん薬物療法研究部)の研究が、第26回加藤記念研究助成に採択されました。
  • 2015.01.13 がん薬物療法研究部の仕事「わかったぞ、皮膚がん抑制の仕組み」が、JST(科学技術振興機構)WEBサイト「サイエンスポータル」で、ニュース報道さ れました。
  • 2015.01.05 虻江誠特任研究員(がん幹細胞研究部)が平成26年度膵臓病研究奨励賞を受賞しました。
  • 2014.12.22 玉井恵一 上席主任研究員(がん先進治療開発研究部)が、安田記念医学財団 若手癌研究助成に採択されました。
  • 2014.12.15 林克剛 薬剤師(がん薬物療法研究部/大学院がん分子制御)が、 25年間謎であった「皮膚癌を押さえ込む機構 」を解明しました(詳しい解説はこちら)。 Oncogene誌電子版に掲載。
  • 2014.12.08 綿貫善太 元共同研究員(がん先進治療開発研究部、現みやぎ県南中核病院)が、肺癌に関する新知見を発表しました。Biochem Biophys Res Commun誌に掲載。
  • 2014.11.25  第11回プロテインホスファターゼ国際カンファレンス(代表世話人 島研究所長)は、盛会のうちに終了しました。
  • 2014.11.17 日本膵臓学会・米国膵臓学会合同記念大会にて、横山美沙研究技師(がん幹細胞研究部)と虻江誠特任研究員(がん幹細胞研究部)が学会賞を受賞しました。
  • 2014.11.11 虻江誠特任研究員(がん幹細胞研究部)が、血漿中マイクロRNA測定の膵癌診断に対する有用性に関する新知見を発表しました。Int J Oncol 電子版に掲載。
  • 2014.10.30 動物実験センターにおいて慰霊祭が執り行われました。
  • 2014.10.22 大阪大学との共同研究で、田沼延公主任研究員(がん薬物療法研究部)が、EMTの原因に関する新知見を発表しました。PNAS誌に掲載。
  • 2014.09.22 佐藤賢一 部長(がん幹細胞研究部)が、膵癌進展とEMTの関連についての総説をJ Gastroenterolに発表しました。
  • 2014.10.01 平成26年度 東北大学医学部医学系研究科 スターター研究助成に、当研究所から2名(方山博路・横山美沙)が、ブースター研究助成に、3名(大嶋龍司・那須健太郎・望月麻衣)が採択されました。
  • 2014.09.29 日本生化学会大会(10月18日)で、島研究所長が、シンポジウム「リン酸化破綻による発がん機構」を主催します。
  • 2014.07.28 西野善一 部長(がん疫学・予防研究部)が、受動喫煙による脳卒中の危険性に関する新知見を発表しました。Preventive Medicine誌に掲載。
  • 2014.06.18 今井隆之 主任医長(頭頸科)の論文が、頭頸部癌基礎研究優秀英語論文に選ばれました。
  • 2014.06.09 玉井恵一 上席主任研究員(がん先進治療開発研究部)が、胆道癌に関する新知見を発表しました。CancerScience誌に掲載。この論文は、"In This Issue"および表紙として取り上げられました。
  • 2014.04.18 前門戸任医療部長が第2回「後藤喜代子・ポールブルダリ科学賞」を受賞しました。
  • 2014.03.19 宮崎大学との共同研究で、島礼部長(薬物療法研究部)が成人T細胞白血病に関する新知見を発表しました。Nature Communications誌に掲載。
  • 2013.12.18 横山美沙研究技師(がん幹細胞研究部)が、平成25年度膵臓病研究奨励賞を受賞しました。
  • 2013.11.27 田沼延公 主任研究員(がん薬物療法研究部)の研究が、日本化学工業協会 新LRI研究 第2期に採択されました。
  • 2013.10.29 11月8日に、近藤豊先生をお招きして、「エピゲノムから見たがん細胞の性格と治療標的としての期待」にてご講演いただきます。本講演は一般公開されています。
  • 2013.10.21 平成25年度 東北大学医学部医学系研究科 スターター研究助成に、当研究所から3名(大嶋龍司・那須健太郎・望月麻衣)が採択されました。
  • 2013.10.16 遠藤博之 元主任研究員(がん幹細胞学分野、現東北大学)が胃癌に関する新知見を発表しました。PLOS ONEに掲載。
  • 2013.6.12 中川隆行 医師(がん幹細胞研究部特任研究員・呼吸器外科)の、肺癌の悪性度 に関わる新知見が、Biochem Biophys Res Commun.にアクセプトされました。
  • 2013.5.17 玉井恵一 主任研究員(がん先進治療開発研究部)が、平成25年度「黒川利雄がん研究基金」研究助成に採択されました。
  • 2013.5.1 今井隆之医師(社会人大学院生・がん先進治療開発研究部・頭頸科)の、下咽頭癌におけるがん幹細胞の同定に関する論文が、PLoS Oneにアクセプトされました。
  • 2013.4.19 がん薬物療法研究部に於いて開発された特殊抗体が発売されました。
  • 2013.3.25 田沼延公主任研究員(がん薬物療法研究部)が、平成24年度インテリジェントコスモス奨励賞に選ばれました。
  • 2012.12.25 1月17日〜18日に開催される「がんと代謝シンポジウム」(主催:日本癌学会、於:慶應義塾大学)において、田沼延公(がん薬物療法研究部)が、講演を行います。
  • 2012.12.04 虻江誠 特任研究員(がん幹細胞学研究部)が、膵臓病研究奨励賞を受賞しました。
  • 2012.12.03 がん薬物療法研究部にて開発された、Sf3b1(造血器腫瘍や膵がんの原因として疑われる)に対する特殊抗体(リン酸化抗体)の製品化が決定しました。
  • 2012.12.03 田沼延公 主任研究員(がん薬物療法研究部)の研究が、日本化学工業協会の「第1期 新LRI(Long-range Research Initiative)」支援課題に採択されました。
  • 2012.11.22 佐藤賢一部長(がん幹細胞研究部)が、膵臓癌の分子機構に関する総説を発表しました。
    J Front Physiol誌に掲載。
  • 2012.11.19 東北大学との共同研究で、佐藤賢一部長(がん幹細胞学研究部)らが膵臓癌に関する新知見を発表しました。 J Cell Physiol誌に掲載。
  • 2012.11.19 今年度のがんセンターセミナーの予定を更新しました。本セミナーは一般公開さ れています。
  • 2012.10.23 田沼延公主任研究員(がん薬物療法研究部)が、佐川がん研究振興財団 研究助成に採択されました。
  • 2012.10.02 佐藤賢一部長(がん幹細胞学研究部)が、内藤記念科学奨励金 研究助成に採択されました。
  • 2012.09.26 佐藤賢一部長(がん幹細胞学研究部)が、大和証券ヘルス財団 調査研究助成に採択されました。
  • 2012.09.11 玉井恵一主任研究員(がん先進治療開発研究部)が、金原一郎記念医学医療振興財団 基礎医学医療研究助成金に採択されました。
  • 2012.09.11 任期付職員の選考考査募集要項について掲載しております。
  • 2012.07.18 がん薬物学研究部の野村美有樹(がん分子制御分野修士2年)が、大腸がんにお ける酵素異常を明らかにしました。 Oncology Reports誌に掲載。
  • 2012.07.12 東北大学との共同研究で、小川武則医師(現東北大学)・松浦一登医師(頭頸 科)・西條茂総長が鼻副鼻腔扁平上皮癌に関する新知見を発表しました。 CancerScience誌に掲載。
  • 2012.06.18 第66回日本細菌学会東北支部総会(平成24年8月23-24日)が、当研究所の主管で 開催されます(会長 田中伸幸部長)。奮っての応募・参加をお待ちしております。
  • 2012.06.01 西野善一部長(がん疫学・予防研究部)が、平成24年度「黒川利雄がん研究基金」研究助成に採択されました。
  • 2012.03.15 高橋耕太(がん薬物学研究部/がん分子制御分野3年)が、神経芽腫における新たな分子機構を明らかにしました。 J Boil Chem 誌に掲載
  • 2011.10.14 佐藤賢一部長が平成23年度弘美医学研究助成に採択されました。
  • 2011.09.16 川村医師(泌尿器科)が、前立腺癌における新たな分子機構を明らかにしました。
    Cell Death and Differentiation誌に掲載。
    この論文は、A-IMBN ResearchにおいてHighlightsとして取り上げられました。
  • 2011.09.01 田中伸幸部長が、平成23年度(第1期)CREST「環境応答破綻がもたらす炎症の慢性化機構と治療戦略(研究分担者)」に採択されました。
  • 2011.09.01 田沼延公主任研究員が、第11期LRI化学発がん分野「発がん過程での「ワールブルグ効果に関連するスプライシング異常」ー新規発がん性予測システムの開発(研究代表者)」に採択されました。
  • 2011.05.18 佐藤賢一部長が第24回日本消化器病学会奨励賞を受賞しました。

過去のお知らせ