グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  各部門案内 >  緩和ケアセンター >  緊急緩和ケア病床

緊急緩和ケア病床


このような症状のコントロールでお困りではありませんか?
緊急緩和ケア病床では、重度のがん性疼痛をはじめとする症状増悪時に、専門病棟への入院による安心感と共に素早い苦痛緩和を提供します。
主として以下のような症状に迅速に対応しています。

  • がん性疼痛
  • 呼吸困難
  • 嘔気・嘔吐
  • 不眠
  • 不安
  • せん妄
  • その他

緊急緩和ケア病床とは

がんに由来する苦痛症状を緊急的に治療する必要がある在宅療養中の患者さんに対して、緩和ケア病棟内の緊急緩和ケア病床に入院していただき、苦痛緩和に努める体制を整備しました。
緊急緩和ケア病床では専門的な知識及び技能を有した緩和ケア内科医、ならびに緩和ケアチームが症状緩和を担当します。

どうすれば利用できるの?

当院緩和ケアセンターの定める在宅療養支援診療所内の指定登録医からの紹介患者さんに限ります。
※指定登録医とは、緩和ケア研修会(宮城県緩和ケア研修会・他県緩和ケア研修会・PEACEプロジェクト緩和ケア指導者研修会)を修了している医師、または当院主催の緩和ケア地域連携カンファレンスに定期的に参加されている医師で、かつ当院の緩和ケアセンターに緊急緩和ケア病床利用のための医師登録をされている方。

運用の流れ

医師登録

医師登録申込書に以下をご記入の上、緩和ケアセンターにE-mail or FAXでお申し込みください。
氏名/所属/連絡先/メールアドレス/緩和ケア研修会修了証番号(受講済の方)

登録後、緊急緩和ケア病床利用申込書をメール送信いたします。

患者登録

緊急緩和ケア病床利用申込書に必要事項を記入の上、緩和ケアセンターにFAXで情報提供してください。平日日勤帯にID登録を行っておきます。(入棟申し込み済の方は不要)

病床利用

緊急緩和ケア病床の利用が必要となったら、緩和ケア内科医(または日当直医)に電話でご相談ください。
入院ベッドを準備できる場合には、緊急度に応じて指定日時に入院していただきます。

退院

入院期間の目安は最長7日間とし、期間内に後方ベッドまたはその後の療養先を決定します。

問い合わせ先

宮城県立がんセンター 緩和ケアセンター
〒981-1293
宮城県名取市愛島塩手字野田山47-1
TEL:022-384-3151(代)
FAX:022-384-4711
E-mail:mcc-kanwacarecenter*miyagi-pho.jp
※ *を@に置き換えてください。