グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  研究所 >  研究活動紹介 >  がん薬物療法研究部

がん薬物療法研究部


研究員構成

島 礼 部長
東北大学医学系研究科連携講座 がん分子制御学分野 教授
田沼 延公 主任研究員
東北大学医学系研究科連携講座 がん分子制御学分野 准教授
野村 美有樹 研究技師
井上 維 技術員
坂本 良美 技術員
山本 晃司 博士課程 DC4
菊池 直彦 博士課程 (呼吸器外科)DC3
工藤 敬 博士課程 (婦人科)DC3
金澤 孝祐 博士課程 (消化器外科) DC2
岸本 和大 博士課程 (頭頸部外科) DC2
桃井 勇貴 共同研究員
盛田 麻美 共同研究員(呼吸器内科)
黒沢 是之 共同研究員(形成外科)

博士研究員募集

随時、募集しています。

Cancer-mol-reg(a)med.tohoku.ac.jp
(担当:大内、(a)は、@に替えてください)までご連絡ください。

研究紹介

新しいがん治療標的の探索と診断・治療法の開発

我々の研究は、癌克服のために、新しい診断法や治療法の開発をすることを目的としているが、大きく二つの立場から研究を行っている。
一つは、我々しかできないオリジナル研究である。
いわゆる「基礎研究」である。これまでに行ってきた我々独自の研究成果に立脚し、画期的な診断・治療法の創成のために行っている。
もう一つは、現在病床にいる患者さんのために役立つ研究である。「個別化医療」のための研究である。

基礎研究

がんの本質とでもいうべき性質を明らかにすることで、正常細胞にできるだけ障害を与えずに、がんのみを消滅させる治療の開発を最終目的としている。
また、それを用いた早期診断の開発も行っている。
我々が、がんの特性として注目している性質は、がん組織におけるタンパク質のリン酸化の異常、遺伝子?染色体の不安定性、そして異常タンパク質の産生である。

個別化治療の実践のために

患者さんの個々の体質や癌のもつ固有の性質を、遺伝子レベルで調べることにより、より有効で副作用の少ない治療法を選択することが可能となる。
我々は、そのための遺伝子検査法の改良を行っている。

現在の研究項目

1.ホスファトームを標的とした癌の新規診断・治療法の開発

新しい抗癌剤として、分子標的薬の開発が盛んに行われているが、その多くがキナーゼを標的としたものである。
キナーゼは580種類あるが、その120種類は癌の原因となると考えられている。

一方ホスファターゼは、タンパクの脱リン酸化を行う酵素であり、キナーゼと同様に重要な制御機能を持ち、これを標的とする新世代の抗がん剤の開発が大いに期待されている。
我々は、研究所が保有する「癌組織バンク」を用いて、140種類からなるホスファターゼの様々な異常を明らかにしてきており、それを利用した新しい診断・治療の開発を行っている。

ホスファトームを標的とした癌の新規診断・治療法の開発の説明画像

2.スプライシングを標的とする「新世代」癌治療戦略

スプライシングは転写されたばかりの新生RNA鎖の編集ステップであり、この過程で、イントロン部分の除去が行われる。
また、ヒトなど高等動物などでは特に、状況に応じて、エキソンとしてmRNA上に残す領域を選択的に選び出す機構(選択的スプライシング)が発達している。

結果として、一つの遺伝子から複数の遺伝子産物が産生され、少ない数の遺伝子から、より多彩なタンパクが創り出されることが分かってきた。
スプライシングを新たな癌の治療標的として開発するため、その基本的な分子機構の解明を行うとともに、癌細胞特異的な選択的スプライシングに着目してその意義とメカニズムの解明を行っている。

スプライシングを標的とする新世代癌治療戦略の説明画像

3.癌細胞のもつ染色体・遺伝子不安定性の解明

多くのヒト癌では染色体数が異常(2n±x, 4n±x)となっており、染色体異数性と呼ばれる。
最近の研究から、がん化の初期において誘導される染色体異数性が、ヒト癌における再発の問題、すなわち、癌幹細胞や抗がん剤耐性(いわゆる分子標的薬に対してさえも)癌の出現と密接にリンクすることが示唆されている。
この問題は、現在の癌研究において不可欠の"動物発癌モデル"と、実際の"ヒト癌"との間に横たわる"ギャップの本体"である可能性がある。

染色体異数性を誘導/抑制する分子機構について、細胞の中心体制御機構とDNA修復機構に着目し、遺伝子改変マウス(ノックアウトマウス)等を用いて解析を行っている。

癌細胞のもつ染色体・遺伝子不安定性の解明の説明画像

4.個別化医療のための「特殊検査法」の開発

臨床研究室と協力して、各診療科の診断や治療方針の決定や抗がん剤の選択に役立つ検査法を開発している。
特に以下に示すHRM法は、迅速かつ高感度な遺伝子解析システムであり、消化管腫瘍のGISTや肺癌における個別化医療を現実のものとした。

個別化医療のための特殊検査法の説明図