グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  来院される皆さまへ >  部門紹介 >  看護部 >  【西1病棟】慢性期病棟, 児童・思春期ユニット

【西1病棟】慢性期病棟, 児童・思春期ユニット


成人慢性期ユニット(15対1看護)、児童思春期ユニット(10対1看護) 病棟定床44床(成人慢性期ユニット30床、児童ユニット14床)  看護師21名、看護補助者1名
 
<病棟目標>倫理的視点に立ち、安全・安心につながる専門性の高い看護を提供する。
 
成人慢性期ユニットでは、長期入院の方が多いのですが、本人の思いを伺いながら、地域でその人らしく生活ができるように、多職種と協働し、退院支援を行っています。
児童思春期ユニットでは、児童・思春期を専門とする認定医と看護師・公認心理士・精神保健福祉士・作業療法士が連携して、子どもの発達課題や行動特性をふまえ、治療と療育にあたります。様々な集団活動を行い、心を育む機会を提供しています。体育館レクリエーションでの運動やガーデニング、季節ごとのレクリエーション等を通して、ストレス発散や体力の維持・向上、自己表出の機会、対人交流の経験を重ねるなかで、心の安定と成長を支援しています。学習面では、地域の支援学校の協力を得て、学習支援(週2回・各1時間)を行っています。

みんなの活動予定です!

デイルームの様子です!

デイルームでホームルームやOT活動、食事などしています!

中庭でガーデニング!お花や野菜を育てています。