グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  来院される皆さまへ >  部門紹介 >  看護部 >  看護部長のあいさつ

看護部長のあいさつ


看護部長

 当センターは、宮城県における精神科の基幹病院として、精神科医療の中核的な役割を担っており、看護部では『看護倫理を基盤に、精神科看護の質の向上に努める。また、看護のさまざまな「おこない」をとおし、患者さんおよびそのご家族のよりよい環境作りにつとめるとともに、社会の動向に沿った継続性のある良質な看護活動を展開する。』を理念に掲げ専門性の高い看護の実践を目指しています。
 平成29年には入院医療中心の精神医療から地域生活中心という、精神障害者の地域移行または地域定着を進めるための地域づくりを目指すべきという国の指針が示され、『精神障害者にも対応した地域包括システム』の構築や、精神科医療を取り巻く情勢の変化にも柔軟に対応していくことが求められています。そうした中でより一層の地域移行を積極的かつ円滑に進めるために、多職種協働によるチーム医療を実践しています。退院後も患者さん一人ひとりのそのひとらしさを大切にし、夢や希望の実現、そして、充実した生活が送れる支援体制について、関連機関の協力を得て連携を図りながら、患者さんやそのご家族により添った支援に努めています。
 看護部では院内現任教育プログラム(クリニカルラダー)や院外研修等、精神科看護の専門職としての能力を向上させるための研修を通して成長をサポートしています。また、専門・認定看護師や認定看護管理者などの資格認定のための研修など、個々の看護師のキャリア開発についても支援を行っています。当センターで勤務する看護師一人ひとりが、患者さん及びご家族、地域支援者の方々に信頼される質の高い看護を提供したいと思います。精神科看護の基本である心の対話を大切に、看護師が元気にやりがいを持って、働き続けられる職場づくりをしていきたいと考えています。

令和2年4月 看護部長 及川 裕司

看護部の理念・方針・目標

理念

看護倫理を基盤に、精神科看護の質の向上を図るように努める。また、看護のさまざまな「おこない」をとおし、患者さんのよりよい環境作りに努めるとともに、社会の動向に沿った継続性のある良質な看護活動を展開する。

方針

1.患者・ご家族一人ひとりの「そのひとらしさ」を大切に看護を提供する。
2.患者・ご家族の個々の生活能力を高め、早期退院に向けた積極的な支援に努める。
3.専門的知識に基づき安全・安楽を考慮し医療事故防止に努める。
4.医療チームの一員としての看護の専門性を発揮し、効率的な看護を提供する。
5.精神科看護師としての専門性を高める。

令和2年度 看護部目標

1.患者の個を尊重し倫理的視点に立った看護を実践する。
2.円滑な入院と丁寧な退院支援及び地域定着促進を行う。
3.安全で安心な看護を提供する。
4.人間的成長と看護実践能力の向上を図る。

組織図

組織図