グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



NST


栄養サポートチーム(NST)について

当院では、入院患者さんを対象に栄養状態の評価を実施しています。栄養状態不良の患者さんには、多職種(医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、言語聴覚士、臨床検査技師など)から構成されるNSTが介入して栄養管理を行っています。2005年にNSTを設立し、2007年4月には日本静脈経腸栄養学会より「NST稼働施設」として認定されています。

Nutrition Support Teamのマークの画像

NSTとは、Nutrition Support Teamの頭文字をとった略称で、栄養サポートチームのことです。当院では、入院患者さんを対象に栄養アセスメントを行っています。栄養不良と判断された患者さんには、NSTが介入して栄養管理を行っています。
栄養不良状態は、回復が遅くなり在院日数の延長、合併症(感染症・褥瘡等)の併発、癌治療の継続が難しくなる等様々な問題につながることがあります。NSTは、患者さんの栄養状態を評価して、適切な栄養療法の提案を行っています。

栄養サポートチームの写真

当院のNSTの主な活動内容
1.NST回診:毎週1回実施
2.NST研修会の実施
3.NSTランチミーティングの実施
4.NSTリンクナース会の実施
5.委員会の開催

NST介入件数
平成28年度 介入件数:983
平成29年度 介入件数:960

診療科別のべ介入患者件数のグラフ