グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  チーム医療 >  緩和ケアチーム

緩和ケアチーム


1.緩和ケアチームとは?

緩和ケアチームとは、がんによる様々な症状を持つ患者さんとご家族に対して行われるケアを担当するサポートチームのことです。ケアの内容は、痛みなどの身体的苦痛、精神的な悩みなどを含み、医師、看護師、臨床心理士、薬剤師のチームで対応します。がんの治療と同時に行うことができます。治療の中心は主治医であり、緩和ケアチームがサポートする体制です。

2.相談内容は?

  • 痛み、体がだるい、息苦しい、吐き気があるなど身体症状に関すること
  • 不安や気持ちの落ち込み、イライラなどの精神的なこと
  • 苦痛緩和に関する薬剤やその副作用などの情報提供
  • ご家族の心配事など

3.誰が相談できるのでしょうか?

入院・外来問わず当院で診療している患者さん、ご家族が対象です。

患者さん本人またはご家族が希望され、さらに主治医が必要と認めた場合に緩和ケアチームのサポートを受けることができます。
緩和ケアチームのサポートを希望なされる方は、まず主治医または看護師にご相談ください。
主治医から緩和ケアチームに症状緩和の依頼があると、主治医や看護師から症状などについての状況を聴き取り、主治医へ症状緩和にむけた意見やアドバイスを提供します。
なお、不安などの心理的なことや薬剤に関することは、臨床心理士や薬剤師が患者さんやご家族に直接お会いする場合があります。

4.緩和ケアチームのアクティブメンバーは?

緩和ケアを行うため、以下のメンバーで構成されており、週1回、各病棟、外来に出向きコンサルテーション業務を行っています。

  • 身体症状を担当する医師
  • 心理面を担当する臨床心理士
  • 看護を担当する看護師
  • 薬剤に関する情報提供や調整を担当する薬剤師