グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  チーム医療 >  緩和ケアチーム

緩和ケアチーム


こんな症状でお困りではありませんか?

お困り

緩和ケアチームでは、主にがん患者さん・ご家族の以下のような相談に対応しています。
・痛みがつらい・息苦しさがある
・吐き気がある・不安
・イライラがある・気分がふさいで何もやる気がしない
・夜眠れない・痛み止めの薬は本当に飲んで大丈夫?
・退院して自宅で過ごす方法が解らない
・患者にどう接していいのか解らない(ご家族)

緩和ケアチームとは?

緩和ケアチームとは、専門の医師や看護師・薬剤師・公認心理師・医療ソーシャルワーカーなどがチームとなって痛みへの専門的な対処や、気持ちのつらさに対するケアを行っています。
主治医が行っている現在の治療や患者さんの生活が上手くいくようお手伝いをする医療チームです。

誰が相談できるの?

当院で診療を受けている患者さんとご家族が対象です。入院・外来は問いません。
本人またはご家族が希望され、さらに主治医が必要と認めた場合、緩和ケアチームに相談することができますので、主治医または担当看護師にお話し下さい。
なお、不安などの心理的なことや薬剤に関することは、公認心理師や薬剤師が、直接お会いする場合もあります。

緩和ケアチームメンバー

チーム

緩和ケアを行うため、以下のメンバーでチームを構成しています。
・身体的な症状を担当する医師
・精神的な症状を担当する医師
・看護やケアを担当する看護師
・薬に関する情報や調整を担当する薬剤師
・心のケアを担当する公認心理師など