グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  来院される皆さまへ >  入院案内

入院案内


入院形態の種類

入院の際は、「精神保健福祉法」に基づき、主治医の判断で次のいずれかの入院形態が適用になります。

  • 任意入院・・・・・・・・・・本人の同意による入院
  • 医療保護入院・・・・・・・・家族等の同意による入院
  • 措置入院・・・・・・・・・・県知事の命令による入院

入院の手続き

入院が決まりましたら、事務局医事課にて入院手続きを行ってください。
都合により担当医師を変更する場合があります。

手続きの際にご持参いただくもの

  1. 健康保険証、その他関係証書(各種受給者証・限度額認定証など)
  2. 印章(はんこ)
  3. 診察券(IDカード)

手続きの際にご記入いただく書類

  1. 入院申込書
  2. 保証書
  3. 同意書

入院生活に必要なもの

  • 洗面用具、バスタオル、ちり紙、上履き、電気髭剃り、ヘアブラシ、ゴミ箱などの日用品
  • ふだん着、下着、パジャマなどの衣類
  • 湯飲み茶碗(プラスチック製のもの)

などが必要となりますが、詳しくは各病棟の担当看護師が説明いたします。

入院中に守っていただくこと

入院中は、医師及び看護師の指示に従ってください。また、次のことを守ってお過ごしいただくようお願いします。

  • 多額の現金、貴重品(貴金属・有価証券等)は持ち込まないようにしてください。
  • 携帯電話等の持ち込みはご遠慮ください。公衆電話は各病棟に設置されています。
  • 洗濯する場合は、有料の洗濯機をご利用ください。乾燥は、乾燥室が利用できます。また、洗濯を業者に依頼することも可能です。
  • 携帯ラジオ、CDラジカセ等は乾電池を使用してください。なお、使用する場合はイヤフォン等を利用し、他の人に迷惑がかからないようにしてください。
  • 発火器具類、刃物類等の持ち込みは固くおことわりいたします。入院時、病棟で確認させていただきます。
  • 入院中の飲酒は禁止です。
  • お手回り品は最小限度とし、ベッド周囲の整理整頓にご協力ください。
  • 入院中、他の医療機関(歯科医院を除く。)を受診する場合は,ご家族の方が薬のみを取りに行く場合も含めて、必ず看護師に申し出てください。
  • 入院中、自家用車の病院内駐車はご遠慮ください。
  • 入院中に病棟・病室が変わることもありますのでご承知願います。
  • 施設、設備、備品等を故意または重大な過失により破損した場合、修繕等に要する費用をお支払いただくことになります。


その他詳細については、病棟にて担当看護師が説明いたします。

面会時間

  • 面会時間は、午前9:00~午後7:00(正午~午後1:00、午後6:00~午後6:30を除く)です。この時間帯以外の面会については、必ず看護師にご相談ください。
  • 面会時間内であっても、患者様の病状により面会できないことがあります。
  • 酒気を帯びてのご面会はお断りします。

入院の費用及びお支払いについて

入院の費用について

病院では、健康保険法で定められた「診療報酬点数表」に基づいて診療費を算定しています。

入院費のお支払方法について

入院費用は、当月分請求書(月末締め)を翌月10日に患者様又は保護者様あてに送付しますので、届きましたらその月のうちに、下記のいずれかの方法によりお支払い願います。

1.精神医療センター会計窓口にて直接お支払いただく場合。
会計窓口は、平日(月曜日から金曜日)の午前8:30~午後5:00までとなっております。
ただし、平日が休日の場合と年末年始(12月29日~1月3日)は、お取り扱いをしておりませんのでご注意ください。

2.仙台銀行の窓口へ、届いた請求書をお持ちになり、お支払いただく場合。
振込手数料がかからずにお支払いただけます。

3.仙台銀行以外で銀行振込を利用し、指定口座に振り込んでいただく場合。
振込手数料がかかりますが、お近くのATMでお支払いただけます。
なお、その際の振込人氏名は患者様のお名前でお願いいたします。

4.現金書留でお支払いただく場合。
下記あて、お釣りのないようにお送りください。
〒981-1231 宮城県名取市手倉田字山無番地
地方独立行政法人宮城県立病院機構
県立精神医療センター出納員 橋浦 哲

また、月の途中で退院された場合につきましては、当月分を退院日に請求させて頂きますので、会計窓口にて精算してから退院してください。

領収書について

領収書は、再発行できませんので大切に保管してください。紛失された場合は、支払証明書を発行しますが有料となります。