グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  重要なお知らせ >  放射線治療と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について

放射線治療と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について


最近のテレビ報道をご覧になり、放射線治療により免疫力が低下して新型コロナ肺炎の重症化を来たすという不安を抱いている患者さんもいらっしゃると思います。
一般論として、初期の乳癌治療である温存術後の放射線治療は侵襲の少ない治療であり、免疫機能の低下は殆どありません。前立腺など局所を対象とした他の多くの放射線治療も同様です。照射範囲が広範囲で抗がん剤などを併用する場合は、影響の出る可能性は否定できませんが、いずれの場合もがんを治すための大切な治療の一環です。過剰な不安を抱えず通常の感染予防を徹底して治療をうけていただければと思います。もちろん病状や治療は患者さん一人ひとりで異なりますので、どうぞ担当医に気軽にご相談ください。
日本放射線腫瘍学会(JASTRO)のホームページでは、一般のみなさま向けに2020年4月25日付で、COVID-19肺炎の報道に関する声明「がんの放射線治療後の免疫力について」を掲載しております。併せてこちらもご覧いただければと思います。