宮城県立がんセンター研究所外観 宮城県立がんセンター

宮城県立がんセンター > 宮城県立がんセンター研究所 > 研究活動紹介:動物実験センター

動物実験センター

研究員構成

  • 山口 壹範センター長(兼務)

研究紹介

当研究所に隣接して動物実験センターが併設されています。

当センターはSPF飼育室となっており、専属スタッフの管理の下、年間を通じ厳密な温度・湿度条件下が保たれ、微生物学的にも十分に管理された良好な環境のもとで飼育されています。
また、個別換気システムによる飼育ケージ、P2認定された実験施設を備えており、感染実験も可能です。

現在、種々の免疫不全マウス(NOGマウス)・ノックアウトマウス・トランスジェニックマウスが計1200匹飼育されています(最大2500匹飼育可能)。
これらは、本研究所が目指している研究成果「がん制圧」のために、基礎医学から得られた成果の臨床応用への道を開く研究に至る、幅広い研究に使用されています。

これらの動物実験なくしては、がん克服の目標達成は困難であると考えられます。

動物実験

戻る