宮城県立がんセンター研究所外観 宮城県立がんセンター

宮城県立がんセンター > 宮城県立がんセンター研究所 > 研究活動紹介:ラジオアイソトープセンター

ラジオアイソトープセンター

研究員構成

  • 島 礼センター長(兼務)
  • 菅 尚明放射線取扱主任者(兼)
  • 菊地 美和事務員

施設案内

がん研究やがん医療において、放射線または放射線を放出する放射性同位元素(RI)は不可欠な存在となっています。
当センターは、RIの管理・運営を目的とした施設です。
場所は、研究棟の地下にあり、また病院の放射線治療施設に隣接しているので、円滑な運営が可能になっています。

放射線やRIは使い方を誤ると、生体に重大な悪影響を与えます。
従って、当センターでは、放射線障害を防ぐために、放射線従事者(医療関係者および研究員)に対して、放射線障害防止に関する教育・研修を行っています。
また、研究・診断・治療に使われた排水・排気の管理を行っています。
これらは、全てモニターして安全を確認してから外へ排出しています。

最新のがん研究へのサポート

当施設では、RIを用いた実験を行うための施設として、最新の解析システムの提供とその維持・管理を行っています。
ここでは、がん研究に必要と考えられる主な核種を使うことができます。
また、実験施設内には、動物飼育施設、細胞培養室、低温実験室等があり、幅広い研究目的に柔軟に対応可能な研究支援体制を備えています。

実験施設への研究者の出入りやRIの使用量はコンピューターで管理しています。
各実験室にはRIを安全に取り扱うためのフードや換気装置を備えており、実験者が安全に研究できるように整備されています。

最新のがん研究へのサポート

戻る