診療受付のご案内

  • 診療受付時間 月〜金曜日

    −新患の方−
    午前8:30〜午前11:00まで

    −予約の方−
    予約時間までに受付を済ませて下さい

  • 休診日 土・日・祝日

    年末年始 12月29日〜1月3日

  • 交通・アクセス
  • 医療相談のご案内

平成30年度がん何でも講座

2.2018年度第2回〜第9回

 2018年7月20日(金)〜7月22日(日)イオンモール名取1Fウエストウイングにて、「なるほどなっとく がんを知る教室」と題してアフラック主催のイベントに当センターが後援で参加しました。3日間にわたり医師をはじめ8人の職員が講演を行い、参加人数は約259名と大変好評でした。

柴田町地域福祉センター

 

以下、3日間の講演内容です。

2018年7月20日(金)

@総長 荒井 陽一 「からだにやさしいロボット手術」 (12:00〜12:30)

Aがん専門薬剤師 土屋 雅美 「がんとお薬のはなし」 (12:30〜13:00)

Bがん相談支援センター 副センター長 星 真紀子 「もしも・・・がんと言われたら」 (15:00〜15:30)

Cがん看護専門看護師 佐々木 理衣 「どうする?家族のこと」 (15:30〜16:00)

2018年7月21日(土)

D主任理学療法士 阿部 順 「とっても大切!リハビリテーション」 (11:00〜11:30)

E研究所 がん疫学・予防研究部 部長 金村 政樹 「宮城県に多いがん・増えているがん」 (15:00〜15:30)

2018年7月22日(日)

F研究所 発がん制御研究部 部長 安田 純 「世代を紡ぐ旋律=ゲノムとがん」 (11:00〜11:30)

G認定血液検査技師 加賀 淑子 「血液の細胞を見てみよう」 (15:00〜15:30)

 

 来場者の声は以下のとおりです。(アンケートより抜粋)
・啓もう活動はとっても重要と思いますので、このような企画は素晴らしいと思います。
・がんの患者さんが増えている中、このような取り組みはとてもいいと思う。
・胃がんが見れてよかった!胃カメラ、乳がんを実際にさわれて勉強になりました。ありがとうございました。
・自分の家族も、がん経験者がいたので、とても興味深いものになった。がんを身近に感じる良い経験になりました。
・実際にモデルをみてさわって、参考になりました。ガンとたたかっている子供たちの作品をみて心に残りました。
・子供たちの描いた画を見て、自分にも子どもがいるので、改めてがんは誰にでも起こりえる身近な病気だなと感じた。
・毎年検診をしています。特に乳ガン検診で異状はなかったもの触診して見て実感しました。

1.2018年度第1回

2018年7月12日(水) テーマ:「宮城県のがん発生状況とその予防」

 第1回目「がん何でも講座」(柴田町社会福祉協議会)を柴田町地域福祉センターにて当センター研究所 がん免疫・予防研究部 金村政輝部長が「宮城県のがん発生状況とその予防」というテーマで行いました。
参加者は85名と多数で、複数の質問にも答え、盛況のうちに終了いたしました。

 

 以下、参加者の感想です。
・日頃、民生委員として高齢者と接することが多いので、1次予防、2次予防の大切さを改めて実感した。日常生活、健康診断が非常に重要である。
・禁煙、節酒、減塩、運動、減量(BMI)の大切さを認識した。

柴田町地域福祉センター

戻る